So-net無料ブログ作成

武尊山・・・白銀の絶景ふたたび [山歩き]

2019年3月2日(土)快晴

武尊山(ほたかやま;2158m):群馬県、日本百名山

1月の山王帽子山のあと、1月下旬から2月中旬にかけて腰痛があって、山歩きを控えていましたが、少し良くなり、山に行くことにしました。

4年前の3月中旬に、武尊山を川場スキー場ゲレンデトップから往復し白銀の絶景を楽しみました。このコースは標高差も少ないし、コースタイムも3時間程で、天気が良ければ登山者で大賑わいのコースです。
前日のGPV気象予報では、午前9時過ぎから広範囲で雲がなくなるとの予報で、40日間のブランクですが、絶景を楽しみながらゆっくり往復することにしました。

DSCN0238 jhotaka 01.jpg
山頂から登って来たコースを眺める
(画面クリックで拡大します。)

登山コースと時間
ゲレンデトップ (9:35)→剣ヶ峰山(10:10)→武尊山(11:40-11:50)→(山頂下(11:55-12:05))→剣ヶ峰山→ゲレンデトップ(13:20)

(40日間ほとんど運動ができなく、体重も2kg増加で、登りはしばしば立ち止まって休憩しながら、景色を眺めながら、写真を撮りながらゆっくりのペースで歩いています。)

川場スキー場立体駐車場着は8時12分。登山準備をして、7Fのチケットカウンターに行き、登山届を記入して往復のリフト代2000円とICカード分の500円(帰りにチケットカウンターで下山報告時にカードを返却すると500円返金される。)の2500円を支払い、リフト2本を乗り継いでゲレンデトップに行きます。

DSCN0152 jhotaka 02.jpg
ゲレンデトップはもうすぐ(スキーリフトから撮影。正面は剣ヶ峰山南下の高台。)

ゲレンデトップに着いて登山準備をし、登山開始は9時35分。

DSCN0154 jhotaka 03.jpg
ゲレンデトップ(標高約1840m)から登りのスタート

正面を直登してすぐに高手新道ルートに合流し、目の前に高台への急登部が見えてきました。雪庇のかなり左に先行する数名の登山者が見えます。

DSCN0156 jhotaka 04.jpg
目の前に最初の急登部

雪庇の横(雪庇の大きなクラックが近くにあり)を通って正面の稜線の左にある樹林帯を登って行きます。樹林帯は急斜面でジグザグの踏み跡ができていますが、踏み跡の幅が狭く滑落しないように注意して登って行きます。

高台が近づくと青空を背景に木々の枝に着いた雪が綺麗でした。

DSCN0159 jhotaka 05.jpg
木々の枝に付着した雪

高台に出てゆっくり歩いていくと正面に剣ヶ峰山、右奥に武尊山が綺麗に見えていました。

DSCN0161 jhotaka 06.jpg
剣ヶ峰山と右奥に武尊山

DSCN0162 jhotaka 07.jpg
剣ヶ峰山の登り(左手前に小さな石祠)

剣ヶ峰山のピークは左右が切れ落ちていますが、幅が2~3m程あるので特に怖さは感じません。

DSCN0166 jhotaka 08.jpg
剣ヶ峰山のピークの北端(正面に武尊山)

DSCN0167 jhotaka 09.jpg
山名版

剣ヶ峰山は標高2020mで、来年の西暦標高の山です。来年の山の先取りです。(笑)
(2020年の西暦標高の山は一つ前の記事の山王帽子山の記事参照。)

さて、すぐにこのコース一番の難所と思われる、ピークの下りです。雪が階段状のステップになっていたので特に問題はありませんが、転倒すると大変なので、やはり慎重に下ります。

DSCN0168 jhotaka 10.jpg
ピークの下り

DSCN0172 jhotaka 11.jpg
ピークの下りを振り返る

DSCN0178 jhotaka 12.jpg
さらに二つの小ピークを越えて

稜線上は剣ヶ峰山手前から、左手から冷たい風がやや強く吹いていて、2,3回風下にふらつくこともありましたが、特に強い風でもないので、アウターのフードを被って進んでいます。

その先は急登もないので、ゆっくりと景色を楽しみながら歩いて、中間点付近の鞍部へ。

稜線からは、左手に、谷川岳、朝日岳、巻機山などがやや霞んでいますがはっきりと見えています。

DSCN0180 jhotaka 13.jpg
中間点付近の鞍部から振り返る

1975ピークのあと、少し急登部があり、山頂から一段下の緩斜面となります。

DSCN0188 jhotaka 14.jpg
1975ピーク付近より振り返る

DSCN0200 jhotaka 15.jpg
山頂下の緩斜面から武尊山

正面から左に登って山頂左の稜線に取りつく登山者が良く見えています。

稜線手前のやや急登部を登って稜線に出ると尾瀬や会津側の山々も見えて眺望はさらに良くなりました。

DSCN0204 jhotaka 16.jpg
山頂西側の稜線から

山頂付近では、登山道の左右はエビの尻尾だらけ。

DSCN0205 jhotaka 17.jpg
山頂付近の登山道

山頂には中ノ岳方向で休憩する人も含めて10数名がいました。

山頂からは谷川連峰、越後の山や尾瀬の山、日光の山が見えていましたが、前回ほど綺麗には見えておらずやや霞んで見えていました。
谷川岳の左奥に見える苗場山はほとんど見えず。

(山頂からの超展望は下にある前回の山岳展望の記事でご覧ください。)

DSCN0208 jhotaka 18.jpg
山頂(標識の左に至仏山とその左奥に平ヶ岳)

DSCN0215 jhoyaka 19.jpg
谷川連峰(西) (仙ノ倉山から武能岳白毛門まで)

DSCN0227 jhotaka 20.jpg
燧ケ岳(北東) (左奥に薄く会津駒ケ岳)

剣ヶ峰山方向(南西)(登って来たルート)を見る  →  1枚目の写真

風がやや強く寒いので、山頂でゆっくりしている登山者は少ないです。
山頂下の急斜面を下りたところで、前回と同じように軽く昼食を取って下山。

下山も、正面の剣ヶ峰山や右手奥に連なる山々の眺めを楽しみながら下ります。

午後になって太陽の方向が変わり、凍った山の斜面が綺麗に光って見えていました。

DSCN0254 jhotaka 22.jpg
剣ヶ峰山までもう少し

DSCN0255 jhotaka 23.jpg
剣ヶ峰山から下ってくる登山者のアップ

剣ヶ峰山の登りと樹林帯の急斜面を注意して下り、ゲレンデトップへ。

DSCN0265 jhotaka 24.jpg
ゲレンデトップ(中央左)が見えてきた

ゲレンデトップで、アイゼンを外して、リフトで下山。今回も素晴らしい冬の武尊山が楽しめました。

眺望は前回程ではなく、写真を撮る時間が前回ほど長くなかったので、登りは2時間5分、下りは、1時間20分で、休憩時間込でトータル3時間45分でした。

track 20190302 jyosyuhotaka2.png
GPSトラック
(この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平29情複、 第1607号))


なお、先月の2月16日(土)の悪天候の日に、このコースで入山した男性(50)が下山せず行方不明との情報もあります。悪天候時にはかなり注意が必要です。
http://alm-nomura.com/2019/02/22/20190218sonan/


前回(2015年3月15日(日))の記事
https://vert-yama.blog.so-net.ne.jp/2015-03-17

武尊山の山岳展望(写真と展望図)の記事・・・妙高山や北アルプスも見えていました。
https://vert-yama.blog.so-net.ne.jp/archive/c2306133340-1


nice!(19)  コメント(15) 

nice! 19

コメント 15

Jetstream

素晴らしい雪山山行となりましたね。
素晴らしい眺め、未だに里山をうろうろしている私にはうらやましい限りですし、果敢にチャレンジされる姿には敬意を表します。
私も少しずつがんばります。
by Jetstream (2019-03-04 23:14) 

いろは

こんにちは^^
素晴らしいお写真に魅せられています♪
抜ける様な青空に真っ白な山々。素敵ですね。
by いろは (2019-03-05 16:08) 

ヴェール

Jetstreamさん
腰痛で40日のブランクでしたが、当日は天気がかなり期待できそうで、行くことに決めた前日からだんだんと元気が出てきました。(笑)
ヤマレコを見ると翌日の3/3は一日中ガスガスだったようで、道に迷いそうになった人もいたとか。やはり雪山に行くのは好天の日ですね。
Jetさんのチャレンジの記事も期待しています。

いろはさん
このコースのメインは武尊山ですが、圧倒的に尖峰の剣ヶ峰山が目立っていますね。
快晴で真っ青な空を背景にした白銀の山々の風景は本当に素晴らしいですね。
当日は、多くの登山者が、よく立ち止まって美しい風景を満喫しているようでした。
GPSの記録を見ると歩いた距離は4.8kmでした。(短い!)

by ヴェール (2019-03-05 23:03) 

のんびり夫婦の山遊び

ヴェールさん、こんばんは!
良い天気のなか、武尊山を歩かれ、雪山と絶景を
楽しむことができ、最高でしたね。
リフトを下りて上って稜線い上がってしまうと
ずっと絶景が続き、歩いて気持ちが良いですよね。
ここは雪山の方が写真になりますね。
3年前を思い出し、楽しませていただきました。

by のんびり夫婦の山遊び (2019-03-06 21:37) 

ヴェール

のんびり夫婦の山遊びさん、こんばんは。
「あの絶景をふたたび」と「2020年の山の先取り?」で出かけました。(笑)
前回ほどの眺望はなかったですが大満足でしたね。
貴ブログの3年前の記事も改めて拝見致しました。当日はこの上ない
ような眺望だったのですね。また、天気の良い日にいかがですか?


by ヴェール (2019-03-06 23:38) 

nousagi

また行かれたんですね。
確かにこの景色ですもんね。
キレイです。
寒くなければ、つい血迷って
私も行きたいと思ってしまいそうです。(^^;)600820
by nousagi (2019-03-11 15:39) 

ヴェール

nousagiさん
雪の絶景をもう一度見たかったので出かけました。
3月ですので寒いと言っても手や顔が凍傷になりそうなほどではなかったですね。
最近では暖かくなって雪が少し解けて一面真っ白ではないようですので
ほどほどの時に行けて良かったなぁと思っています。
4月・5月の残雪の山にも行きたいですが、体のあちこちが故障で
だんだんと行けなくなりそうです。(泣)
by ヴェール (2019-03-12 21:20) 

よしころん

武尊~♪ 
すみません、すっかり出遅れましたm(_ _)m
私たちはなんだかんだと3ヶ月(約90日)山を歩けませんでしたので、体力、脚力ともリセットしてしまいましたToT
武尊も検討したのですが、冷静に考え今年は見送った次第です。
剣が峰の山頂標識や階段が露出しているのでやはり若干雪は少ないのでしょうか。
今年の武尊の様子を見せていただきありがとうございました^^
by よしころん (2019-03-16 08:31) 

AL YS

景色 最高 流石ですね 次回は?

by AL YS (2019-03-16 20:05) 

ヴェール

よしころんさん
もう一度絶景を見たくて行ってきました。
我が家から遠くなくてコースタイムも短いので行きやすいですね。
雪はやや少なかったかもしれません。
貴ブログの素晴らしい八方尾根の写真を拝見し、今年も行けなかったなぁと苦笑い。
庭では雪割草が咲いて、ニリンソウ、イカリソウ、日本さくら草など山野草の葉が出てきています。

AL YSさん
コメント有難うございます。
腰痛がまだ残っているのでどうなるか分りませんが、残雪の山、次回はGWですね。
久しぶりに至仏山にも登ってみたいです。近場で日光白根山かな。

by ヴェール (2019-03-17 22:03) 

ひろたん

素晴らしい展望ですね。
憧れます^^
この辺の山は登ったことがありませんよ。
良い感じですね。
by ひろたん (2019-03-19 09:09) 

ヴェール

ひろたんさん
天気が良ければ、比較的簡単に雪山の絶景と周囲の山々の超展望を
楽しめるので人気がありますね。
ロープウェイで行ける谷川岳も含めて最近は雪山を楽しむ人が多くなっていますね。
残雪の北アルプスにも行ってみたいです。


by ヴェール (2019-03-24 22:23) 

mimimomo

おはようございます^^
もう登れない山。存分に楽しませていただきました。
by mimimomo (2019-03-26 06:22) 

ヴェール

mimimomo さん
絶景を楽しんで頂けて光栄です。
先週の23日の土曜日には、新雪と悪天候で遭難された方もいたようです。
翌日、捜索隊と一緒に無事に下山されたようですが、やはり天候に注意ですね。
by ヴェール (2019-03-29 00:43) 

togakushiそば

ヴェールさん、こんばんは!ご無沙汰しています。
上州武尊、きれいですね。こちらは秋に行ったことがありますが、山の様子が違うので驚きました。雪山は美しいです!
GWの予定が楽しみですね。どうぞお気を付けて。

by togakushiそば (2019-04-14 19:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。